会員ログイン

JFAについて

木と会社を写した写真

JFAとは


業界の健全な発展と育成を目的に設立された、40年以上の歴史を持つ団体です。


一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会(Japan Franchise Association = JFA)は、フランチャイズ・システムの健全な発展を図ることを目的に、1972年に通商産業省(現・経済産業省)の認可を受けて設立されました。
会員は、フランチャイズビジネスを運営する日本の代表的なフランチャイザー、及びフランチャイズビジネスに関心を持ち、本協会の趣旨に賛同していただいている企業によって構成されています。
 

フランチャイズビジネスは堅実な発展を続けております。
これは、フランチャイズ・システムが持つ合理性、革新性が社会に受け入れられてきたこと、また、フランチャイザー各社が社会的・経済的変化に柔軟に対応し、効果的なマーケティング戦略と優れたマネジメントシステムを創りあげてきた成果にほかなりません。


この間JFAは、フランチャイズ・システムに関する教育研修、調査研究、規範制定、広報、相談など多角的な活動を行い、常にフランチャイズビジネス業界の中枢としての役割を果たしてきました。


時代の変化に対応して、常に新しい商品サービスノウハウを提供しているフランチャイズビジネスは、産業界の中で注目と期待を集めています。
特に近年は、新規起業・創業、雇用創造、地域貢献等の面で評価され、社会一般からの期待がさらに高まっています。


しかし、フランチャイズ・システムへの期待が高まるのと並行して、情報の事前開示、環境・リサイクル問題など、業界全体として取り組むべき課題も浮上してきています。


今後、フランチャイズ・システムがより一層飛躍するためには、フランチャイザーとJFAとがパートナーとなって、業界全体で新時代を切り拓いていくことがたいへん重要だと確信しています。

フランチャイズ・システムがますます発展するよう、JFAはさまざまな活動を続けてまいります。
 


◆協会案内パンフレットはこちら(PDFファイル)よりダウンロードできます。

page top