会員ログイン

JFAについて

木と会社を写した写真

渡辺 裕明

日本フランチャイズチェーン協会第15代会長の渡辺でございます。
当協会は1972年に設立され、その際に策定された「倫理綱領」に基づきフランチャイズシステムの健全性、フランチャイジーとの適正で互恵の関係を保持しながらフランチャイズ業界の発展に寄与するべく協会活動を進めております。
本年10月、消費税増税、軽減税率制度が導入されましたが、会員各社の事前準備への支援を進めながらも、店舗での混乱等を懸念しておりましたが、大きなトラブルもなくスタートしましたことにひとまず安堵しております。
本制度への課題はありますが、本制度に沿いお客様が戸惑わずにお買い物ができるよう今後も努めて参ります。
本年8月に発表した「2018年度フランチャイズ統計調査」では、チェーン(ブランド)数1,328、店舗数は約26万4千、売上高は26兆2千億円を超える規模となり、如何なる環境下においても成長を続けてこられましたのは、関係する皆様のご支援とともに、地域に密着した店舗経営により「安心」や「利便性」をお届け出来ている証ではないでしょうか。
一方で深刻化する少子高齢化、人手不足、後継者問題とともに、新たなコンビニの在り方に関する国の検討会、レジ袋有料化等課題も山積しておりますが、会員間の連携を深め前向きに取組んで参りたいと思っております。
フランチャイズは本部と加盟店間の信頼、人と人とのつながりで成立しているビジネスです。この基本を大切にしつつ、課題を解決すべく生産性向上、先進的な取組みについて積極的に進めて参ります。
今年から来年にかけ世界的なイベントが立て続けに日本で開催され、フランチャイズの店舗も多くの外国人のお客様にご利用いただきます。快適に滞在していただけるよう我々の役割は大きいと感じております。
日本でフランチャイズビジネスがスタートしたのは1963年、この歴史の重みや先人の想いを受け継ぎ更なる成長に繋げるよう努めて参ります。
これからも皆さまのご指導、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
会長 渡辺 裕明
(B-Rサーティワンアイスクリーム株式会社 代表取締役社長)


 

page top