会員ログイン

JFAについて

木と会社を写した写真

中山 勇

平素より当協会の活動に多大なご協力とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
昨年は、GDPや株価の上昇、有効求人倍率の伸長や失業率の改善、給与の上昇、プレミアムフライデーの導入、さらなる訪日外国人の増加によるインバウンド需要等、日本経済は穏やかな回復基調にあり、明るい兆しを感じる一年であったかと思います。
一方、消費者の節約志向、将来への備え等から、活発な個人消費にはなかなか結び付いていなかったのではないかと言うのが実感です。
また、女性の社会進出、少子高齢化の進行、単身家庭の増加、人口の都市集中化と過疎化、人手不足、リアルからサイバーへの消費者志向の変化、夏場の天候不順等々、様々な環境変化、課題が顕在化した年でもありました。
フランチャイズ業界は、2016年度では1,335チェーン、26万店、25兆円を超える規模まで達しており、先に述べた環境変化の中にある現在においても堅調な伸びで推移しております。フランチャイズ・システムは、本部と加盟店が理念を共有し、一体となって取り組む優秀なビジネスモデルであると確信しております。
今後も消費者ニーズの変化に対応し、本部が常に商品、サービス、ノウハウをブラッシュアップして提供し続けることにより、加盟店の繁栄に繋げ、ひいては、国民の生活向上と日本経済の成長に貢献してまいります。
当協会は昨年、設立45周年を迎えることができました。その節目の年に会長職を拝命したことは大変光栄であるとともに、大きな責任を感じ、本協会活動が会員企業の経営に資するものとなり、社会貢献にも繋がるとの思いで取り組んでおります。
協会では、新春および総会時の講演会及び懇親会、理事会、トップ交流会、合同部会や各部会、委員会活動における情報交換、交流等、会員社のメリットの拡充を図るとともに、外食、コンビニエンスストア、小売・サービスの垣根を越えた連携もしております。
本年も引き続き、「法令遵守及び取引適正化」「社会インフラとしての連携強化」「各種研修の充実」「グローバル化への対応」などの重点課題への取り組みを通じて、フランチャイズ・ビジネスの健全な発展のため、会員社一丸となって協会運営に努めてまいります。
今後とも、皆様からの変わらぬご支援、ご協力の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
会長 中山 勇
(株式会社ファミリーマート 取締役会長)

 

page top