会員ログイン

統計データ

データ解析の用紙

フランチャイズ相談件数(平成21年度)

平成21年度フランチャイズに関する相談件数(苦情を含む)
(平成22年3月末日現在)

フランチャイズ本部と加盟店との間ではフランチャイズ契約に関するトラブルが発生しています。
当協会では「フランチャイズ相談センター」において取り扱いましたご相談を以下のとおり分類し公開いたします。
 

相談状況

平成22年3月までのフランチャイズに関する相談件数は181件であった。前年同月比は約72%である。
フランチャイザーとフランチャイジー間のトラブルにおいて相談件数が多い内容は「解約」、「本部不信」、「加盟金・保証金返還」等に関する相談である。

1.月別相談件数

件数 内訳
4月 15 6 9
5月 11 9 2
6月 14 7 7
7月 18 7 11
8月 9 3 6
9月 6 3 3
10月 8 3 5
11月 14 6 8
12月 28 11 17
1月 27 12 15
2月 21 10 11
3月 10 8 2
合計 181 85 96

2.業種別相談件数

業種 件数 内訳
CVS 26 14
(100%)
12
外食業 55 20
(35%)
35
小売・
サービス業
100 51
(35%)
49
合計 181 85 96

( )内は当協会員の占める割合率を示す

①:フランチャイザーとフランチャイジー間のトラブル
②:加盟希望者の事前相談、本部構築に関する相談、FCシステムに関する相談等


過去のフランチャイズ相談件数に戻る

page top